金融速報 | 金融系2chまとめ

2ちゃんねるの金融系スレをまとめてく、お金のこと総合まとめブログです。

    2016年06月

    6d0dce55-8c4d-4bd4-9902-1ce5735acbea



    1 :曙光 ★ :2016/06/20(月) 01:05:11.71
    Amazonが導入したウェアハウス用ロボットが成果を上げているという話題から。
    先日のRecode Conferenceで人工知能エージェント「Alexa」が同社の4本目の収益の柱になると発言し、
    その中で人工知能関連の開発にも1000人体制で臨んでるということも明かしたAmazon。

    こういった最先端テクノロジーの塊みたいな同社が2012年に7億7500万ドルで買収して当時話題になったのが
    ロボット企業のKivaで、Quartzにその利用状況についての記事がありました。

    さて、倉庫番ロボットはしっかり働いているのでしょうか?
    彼らが働き出したのは2014年の後半から。ドイツ銀行グループが出した6月14日のレポートによるとこれまで商品をピックアップして梱包、
    出荷するところまで人間がやると60分から75分かかったのですが、同じ作業をロボットがやると15分で済むようになったそうです。


    2015年第三四半期時点でAmazonには13のウェアハウスで3万台のKivaロボットが働いており、各倉庫で20%のコストカットに成功、
    これはKivaを導入することで面積あたりに保有できる在庫量が50%も増えたためで、その効果は1ウェアハウスあた
    り2200万ドル(110円換算で24.2億円)相当になるそうです。(元記事には全体試算もあるので興味ある方はそちらもチェックしてみてください)
    なので、決して人間が不要になったということが書かれている訳ではありませんが、それでも発送までの時間短縮については
    確実に人間よりもロボットの方が効率良いことが証明されています。いずれにせよ、人間はより思考を働かせる労働に移行せざるをえないのは間違いなさそうです。
    ピザ配達やお会計係にロボットがやってきた!未来だね!という可愛らしい話題ではなく、ガチでキャッシュが生まれるので
    単純な労働力としての人間はどんどんカットされることでしょう。

    http://thebridge.jp/2016/06/amazon-is-just-beginning-to-use-robots-in-its-warehouses-and-theyre-already-making-a-huge-difference-pickupnews
    https://youtu.be/8of0t_tpWI0
    【Amazonの倉庫番ロボットが24億円以上のコスト削減に成功・・・出荷までの作業を15分で完了(人間は75分) 人間の仕事を奪う日も近い?】の続きを読む

    1 :ひろし ★ :2016/06/19(日) 23:24:04.36
    https://news.careerconnection.jp/?p=24961
    ★1:2016/06/19(日) 17:36:21.73
    前スレ
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1466325381/

    「いい歳をして実家暮らしの社会人は、親に甘えすぎているのではないか」――。日本では根強い考え方ですが、世界的な統計で見ると、親と同居する若者の存在はそう珍しいことではないようです。

    米シンクタンクのピュー・リサーチセンターの調査によると、米国で親と同居する若者の割合は2014年に32.1%となり、1940年以来初めて増加したそうです。5月24日付のFACTANKに、ドリュー・デシルバー氏が寄稿しています。(文:夢野響子)

    欧州では男性の方が女性より同居率が高い

    この傾向は、いわゆるリーマン・ショック前後の大不況の結果だけではなく、米国に限ったことでもないと記事は論じます。米国以外の先進諸国でも、長期間にわたって親元に住む若者の数は確実に増えているというのです。

    欧州の統計エージェントEurostatによると、2014年には欧州連合の加盟28カ国全体で、18~34歳の若者の約半数に当たる48.1%が親と同居していました。Eurostatのデータは個々の国によって集められたもので、米国調査に匹敵するものではありませんが、欧州の同居率は米国よりもかなり高めなようです。

    Eurostatによると、親との同居率は男性が54.4%、女性が41.7%で、男性の方が女性よりも高くなっています。これは親もとでは家賃がかからないだけでなく、食事も洗濯もしてもらえるという理由からでしょうか。

    なお、これらの数字には、一度も親元を離れたことのない人と、大学や仕事のためにいったん独り暮らしした後に戻ってきた人の両方が含まれているようです。

    欧州の場合は、地域別の違いも見られます。北欧諸国はデンマークの18.6%を皮切りに同居率は低く、南欧と東欧諸国ではかなり高い率を示しています。旧ユーゴスラビア共和国のマケドニアでは、18~34歳のなんと72.5%が親と同居しています。

    もともと南欧東欧には、結婚後も親の近くに暮らす文化があり、北欧では逆に18歳で親から離れるという文化的な違いがあるようです。

    日本の同居率の上昇は、世界的にも大きい

    親との同居率は、時代によって変化しているようです。米国では1940年には35%と高い割合を示していましたが、これをピークに1960年に20%にまで減少した後、2014年には再び32.1%まで増加しています。

    欧州諸国では2009~2013年の不況後、親との同居率が上昇しました。カナダの国勢調査でも20~29歳の成人の親との同居率が、1981年の26.9%から1991年には32.1%に上昇し、2011年にはさらに42.3%まで上がっています。

    オーストラリアでは18~34歳の若者の同居率が、1976年の21%から2011年には29%に上がっています。日本でも20~34歳の若者の同居率は、1980年の29.5%から2012年には48.9%に上がっています。特に日本の上昇率は、世界的にも大きいようです。

    このことから、若者の親との同居率が上昇するのは「経済的な困難」によるものと見られています。IT化で仕事の自動化や海外流出が進んだのと同時に、不動産価格の高騰が重なったためと見る人もいるようです。

    読者からは「若者が精神的に未熟になっており、成長して独立する年齢が30歳以降に押し上がったからではないか」という指摘もあります。いずれにしても、困った時に頼りになるのは、どこの国でもやはり親ということでしょう。
    【【社会】世界中で「親と同居する若者」が増えている! 特に日本の上昇率は、世界的にも大きい】の続きを読む

    6d0dce55-8c4d-4bd4-9902-1ce5735acbea



    1 :砂漠のマスカレード ★ :2016/06/19(日) 16:41:03.78
    こんにちは。中高時代の4軍男子(非モテ)から這い上がった経験をもとに恋愛をロジカルに分析するコラムニスト、堺屋大地です。

    今回は、前回に引き続き、草食系男子の口説き方を伝授したいと思います。

    前回は、草食系男子と一口に言っても「恋愛はロマンティック希望派」と「恋愛はコスパが悪い派」の
    2種類の系統に分類できるとお伝えしたうえで、「恋愛はロマンティック希望派」の口説き方をレクチャーしました。

    ということで今回は、「恋愛はコスパが悪い派」の生態と効果的な口説き方をお教えします!

    ◆恋愛はコスパが悪い派が増殖している理由

    恋愛はコスパが悪い派の草食系男子の特徴としては、みな一様に「恋愛はしたいんです」と言っていること。

    けれど、恋愛をするために具体的に何か行動を起こしているわけではなく、結果的に恋愛から遠ざかり、草食系男子と呼ばれてしまっているというケースが多いんです。

    それはナゼか?

    “恋愛をすること”へのメリットを感じてはいるものの、それ以上に大きいデメリットがあると考えてしまっているからです。
    彼女を作ればドキドキ感を味わえるし、エッチで性欲を満たすこともできるというメリットがある。けれど、それらを凌駕するデメリットがあり……。

    そのデメリットとはズバリ、“時間”と“カネ”!!

    ◆恋愛は時間と労力とカネがかかりすぎる

    女子をデートに誘うならば、まずは誘えるようになるまでの良好な関係を構築しなくてはならず、それにはけっこうな時間(労力)を要するわけです。

    そして、いざデートに行けば、飲食代などのデートにかかる費用は男が多めに負担しなければならないから、カネもかかるわけです。

    でもって、一度のデートで彼氏彼女になれるわけでもキスやエッチができるわけでもないですから、
    デートを何回も繰り返す必要がある。これで時間とカネはもっともっとかかりますよね。

    さらに言うなら、さんざん時間とカネを費やした結果、フラれてしまってそれまでの努力が水泡に帰すことだってざらにある、と。

    ……そうです! 奮起して時間とカネをかけたのに、それが全て徒労に終わったら……なんて考えてしまい、
    「もう恋愛なんかしてらんねーわ!」という境地に達したのが恋愛はコスパが悪い派なのです!!


    http://news.nifty.com/cs/item/detail/jospa-535489/1.htm
    2016年6月19日(日)9時1分配信 女子SPA!

    前スレ                  2016/06/19(日) 13:29
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1466316336/
    【【生活】「恋愛はコスパが悪い」という草食系男子が増殖中!その理由は?】の続きを読む

    1 :記憶たどり。 ★ :2016/06/17(金) 10:37:54.33
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00000003-khks-bus_all

    総務省が県庁所在地と政令市計52市の2人以上の世帯を対象に
    実施した最新の家計調査品目別ランキング(2013~15年平均)で、
    山形市は外食の中華そばに使う年間支出額が1万5057円となり、
    3年連続で1位だった。

    家計調査を基に集計した県統計企画課によると、山形市の支出額は
    2位の福島市(1万1525円)を約3500円上回った。平均の5764円と
    比較すると約2.6倍になる。

    山形市は04年から9年連続で中華そばの支出額1位の座を守ってきた。
    13年に福島市に譲ったが、14年には再び1位に返り咲いた。

    自宅で消費する中華麺の支出額は4779円、カップ麺は4881円で、
    ともに3位。調査結果から山形市民のラーメン好きが改めて裏付けられたが、
    同課の担当者は「はっきりとした理由は分からない」と話している。
    【【食】山形市民はラーメン好き。ラーメンに対する支出額で3年連続1位】の続きを読む

    6d0dce55-8c4d-4bd4-9902-1ce5735acbea



    1 :◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(★ 99b9-YuwK) :2016/06/17(金) 05:16:39.68
    sssp://img.2ch.sc/ico/samekimusume32.gif
    主にインターネット広告で「初回無料」「お試し価格」との宣伝を見て、
    健康食品や化粧品などを申し込んだところ、定期購入契約になっていたという
    相談が急増している、と国民生活センターが16日発表した。

    発表によると、「お試し価格500円」「商品無料、送料のみ」といった表示を
    広告で強調。一方で、「5回以上の購入が条件」「解約不可」などとする
    注意書きが小さく書かれていたり、違うページに表示されていたりする。

    *+*+ asahi.com +*+*
    http://www.asahi.com/articles/ASJ6J55XCJ6JUTFL002.html  VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured
    【【社会】「お試し」のはずが定期購入に…ネット広告で相談急増】の続きを読む

    このページのトップヘ