金融速報 | 金融系2chまとめ

2ちゃんねるの金融系スレをまとめてく、お金のこと総合まとめブログです。

    2016年09月

    1: たんぽぽ ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/09/20(火) 08:11:01.10 ID:CAP_USER9
    http://www.sankei.com/west/news/160920/wst1609200012-n1.html


     京都中央信用金庫(京都市下京区)が発表した「豊かな人生を考える」調査結果によると、老後に必要な預貯金は平均2875万円で、前年調査から312万円減ったことが分かった。一方、株式などの金融商品で資金運用する回答が4年連続で増加。老後資金の備えも、金利低迷などを背景に“貯蓄から投資へ”と考える世帯も増えている様子がうかがえる。

     本人または配偶者が退職した世帯の1カ月の生活費は平均22万円で、昨年より2万円減少。生活費のやりくりは大半が年金や預貯金によるもので、「利子所得による収入」という回答は、全体の0・9%(前年1・6%)にとどまる。

     このほか、老後の豊かな人生を送るために「準備している」と回答したのは全体の61・2%(前年59・5%)にのぼり、初めて6割の大台を突破。具体的には(1)預貯金(45・3%)(2)健康・体力づくり(21・3%)(3)趣味の充実(15・4%)-の順で多かった。

     この調査は中信が平成12年以降、毎年「敬老の日」を前に実施。今年は8月中旬、全129店を訪れた30代以上の来店客にアンケート方式で行い、1245人から回答を得た。

    【【経済】老後に必要な預貯金2875万円…貯蓄より投資に移行!? 資金運用は4年連続増】の続きを読む

    1: シャチ ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/09/16(金) 11:21:16.87 ID:CAP_USER9
    【9月16日 AFP】第2次世界大戦(World War II)当時の戦車を買いたい?それならフランスにある
    ノルマンディー戦車博物館(Normandy Tank Museum)へお急ぎを。同博物館は現在、
    閉館に伴う全所蔵品の売却を進めている。

     同博物館が競売に掛ける130点のうち目玉商品の一つが1942年米国製のM4戦車だ。
    この戦車は8万ユーロ~14万ユーロ(約900万円~1600万円)の販売価格が設定されている。

     また1944年製のジープMB(Jeep MB)は推定落札価格2万5000ユーロ(約280万円)、
    軍用ブルドーザー「キャタピラーD-8(Caterpillar D-8)」は4000~6000ユーロ(約45万~68万円)となっている。
    仏競売会社アールキュリアル(Artcurial)が18日にオークションを行う予定。

     より低予算の人には、戦車の操縦士や米海軍パイロットの制服を着た展示品のダミー人形が、
    約200ユーロ(約2万円)で購入可能となっている。

     同博物館は3年前、第2次世界大戦中の連合軍によるノルマンディー上陸作戦の舞台となった
    海岸に近いカツ(Catz)にオープンした。しかし、今年に入り来館者が30%減少したことを受けて
    閉館を決定。フランスで過去2年間に相次いだ過激派の襲撃事件が原因としている。

     同博物館には第2次世界大戦で使用された車両40台以上と物品数千点が所蔵されている。
    また敷地内には滑走路も設置されている。

     博物館の創設者は、こうした車両が出す騒音により地元住民から数件の申し立てがあったことを認めたが、
    閉鎖に追い込まれても跡地は保有し、より小規模な博物館をオープンさせる計画だという。8日撮影。(c)AFPBB News

    AFPBB News 9月16日(金)10時46分配信 リンク先に動画
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160916-00010006-afpbbnewsv-int

    【【国際】「M4戦車売ります」 仏の博物館 閉館に伴い所蔵品を売却】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2016/09/09(金) 06:59:23.27 ID:CAP_USER9
    http://www.asahi.com/articles/ASJ985JHMJ98ULFA02D.html

    NHKの籾井勝人会長は8日の定例記者会見で、「ワンセグ携帯も
    受像器の一つだ」として、これまで通り受信料を徴収する考えを示した。
    さいたま地裁がワンセグ放送を受信できる携帯電話を持っているだけでは
    受信料を支払う「義務はない」と判断したことに反論した。総務省は
    NHKに契約実態を調べるよう求めたが、籾井氏は「ワンセグの契約が
    何台あるかは調べようがない」と述べ、調査しない考えも示した。

    NHKはさいたま地裁の判決を不服として控訴している。籾井氏は
    「総務省は我々の解釈を支持してくれると期待している」と話した。
    NHK広報局は「ワンセグ付き携帯を保有していることを理由に
    受信契約を結んでいるケースはあるが、件数は把握していない」と説明。
    「ワンセグ放送が始まった2006年4月から契約の対象にしている」という。

    NHKに受信料を支払う「受信契約」について、放送法64条は
    「(NHKの)放送を受信できる受信設備を設置した者は(中略)受信についての
    契約をしなければならない」と定めている。一般家庭との契約は世帯ごとに
    NHKが結び、推計で全世帯の79%が受信契約を結んでいるという。
    15年度のNHKの受信料収入は6625億円だった。

    【【社会】NHK「ワンセグの契約が何台あるかなど調べようがない。調査もしない。受信料は徴収する」】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団 ★ 2016/09/14(水) 10:03:58.91 ID:CAP_USER9
    男子バレーボールの五輪最終予選が3万円。大相撲の千秋楽が12万円。「嵐」のコンサートは、なんと42万円。
    プラチナチケットの数々が、ネット上で「超高値」で転売されていることをご存じだろうか。

    これまで、チケットを高値で転売していたのは、いわゆる「ダフ屋」と呼ばれる人たちだった。しかし、元ダフ屋の男性は、「『新たなダフ屋』が荒稼ぎしている」と語る。

    「会場付近で客に声をかけ、チケットを売り買いしている我々のような連中は、通称『黒ダフ』と呼ばれています。
    ですが、『黒ダフ』は『暴力団の資金源になっている』として、ここ数年警察の規制が厳しく、ダフ屋の数も売り上げもだいぶ減ってきました。

    代わりに、『白ダフ』と呼ばれる新興勢力が、インターネット上で『大儲け』しているのです。
    彼らは、チケット売買サイトで、我々の相場より高値でチケットを取り引きしています。その数はここ2〜3年急激に増えてきた。
    しかも、彼らのほとんどは、暴力団や業者とは縁のない一般人です」

    一般人がどうやってそんな大儲けができるのか不思議に思われるかもしれないが、彼らが利用するインターネットサイトの仕組みは次の通りだ。

    まず、チケットを売りたいユーザーが、手元にあるチケットの詳細を登録。その際に、売り手は自由に値段を設定できる。
    そしてその値段で買い手がつけば、契約は成立。やりとりはネット上で行い、支払いは振り込み。チケットは郵送や直接手渡しして取引が完了する。

    このようなチケット売買サイトでは、日常的に数万円から数十万円という破格のチケットが売買されている。

    「例えばジャニーズのタレントが多数出演するミュージカル『DREAM BOYS』のチケットは、最高37万円で取り引きされています。
    今シーズンの巨人-阪神戦のボックスシートも10万円。定価の4倍近くです。ネットを駆使して、高額でチケットを売りさばく。
    まさに『姿の見えないダフ屋』といったところでしょう」(前出の元ダフ屋)

    では、そんな『白ダフ』たちはどのようにチケットを入手し、転売しているのか。
    年間100万円近くチケット転売で稼いでいるという吉本辰也さん(仮名)が、その「ビジネス」のやり口を語る。

    「転売を始めたのは5年くらい前です。行けなくなったコンサートのチケットをオークションに出したところ、
    たまたま定価より高く売れたことがきっかけでした。それ以来、『これは結構儲かるんじゃないか』と思い、チケットを購入しては転売するようになりました」

    肝心のチケットの仕入れだが、吉本さんは特にイベント関係者とのコネがあるわけではない。

    「人気のアイドルやミュージシャンのファンクラブに登録して、ひたすら応募するのが基本です。
    それだけでは当選確率があまりにも低いので、友人や家族名義の住所も借りてファンクラブに入り、複数口応募しています。

    一度当選したらしめたもの。すぐさま売買サイトに情報を登録します。定価1万円のチケットでも、人気アイドルのコンサートや
    ワールドカップの日本戦ともなると、3万〜4万円でも一瞬で売りさばけます。それがいい席だと、『言い値』感覚で値段が付きます」

    吉本さんは会社員。転売は「副業感覚」でやっているそうだ。

    実際、誰でもネットを使えば気軽に転売できるため、「白ダフ」に手を染める一般人が急増。
    消費者同士でチケットを取り引きする二次流通市場は急拡大し、いまや500億円の「巨額」に膨れ上がっている。

    吉本さんとは別の「白ダフ」がさらに転売ビジネスの実態を明かす。

    「市場に出回る転売チケットの9割は、一般人による個人同士の売り買いです。いわゆる高額転売を目的としたチケット販売の『プロ』たちは、実は残りの約1割。
    この『1割』が悪質で、なかには年間で1000万円くらい荒稼ぎする人もいます。

    最近は中国人や韓国人の留学生もこの『1割』のなかに増えてきています。同じ国の人から『儲かる商売がある』と勧められるのです」
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49695
    >>2

    【オンラインダフ屋】チケット高額転売の「反対声明」にチケット売買サイトらが見解「自由にチケットを売る権利は資本主義経済の根幹 ★4
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1472114456/

    【【話題】 横行するチケットの転売ビジネス、荒稼ぎする一般人が急増・・・会社員 「年間100万円近くチケット転売で稼いでいる」】の続きを読む

    1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★ 転載ダメ©2ch.net (★ 9929-DOei) 2016/09/14(水) 07:26:32.11 ID:CAP_USER9 BE:348439423-PLT(13557)
    政府が全ての納税者に適用される所得税の「基礎控除」について、
    高所得者ほど減税の効果が大きいとして見直しを検討していることが
    13日、分かった。非正規雇用の拡大などで家族を養う経済的余裕がない
    若年層が増える中、低所得者の税負担を軽減し、高所得者に
    一定の負担を求める方向で、減税額を一定にする案や所得制限を
    設ける案が浮上している。

    *+*+ 産経ニュース +*+*
    http://www.sankei.com/economy/news/160914/ecn1609140001-n1.html 

    【【社会】若い低所得層の税負担軽減へ…政府税調が所得税の基礎控除見直しを検討】の続きを読む

    このページのトップヘ