金融速報 | 金融系2chまとめ

2ちゃんねるの金融系スレをまとめてく、お金のこと総合まとめブログです。

    2017年04月

    1: ばーど ★ 2017/04/03(月) 07:44:13.58 ID:CAP_USER9
    過払い金返還訴訟を数多く手掛ける弁護士法人大手「アディーレ法律事務所」(本店・東京)が不適切な宣伝を理由に消費者庁から行政処分を受けた問題で、
    東京弁護士会など複数の弁護士会の綱紀委員会が、法人としてのアディーレと代表の石丸幸人弁護士(44)、複数の所属弁護士について、
    「懲戒審査が相当」とする議決をしていたことが2日、関係者への取材で分かった。
    今後、各弁護士会の懲戒委員会が、懲戒の是非や懲戒内容を検討する。

    弁護士懲戒は、(1)懲戒請求者からなされた懲戒請求を各弁護士会の綱紀委が審査(2)綱紀委が「懲戒処分の可能性が高い」と判断した場合、
    各弁護士会の懲戒委員会に審査を付す(3)懲戒委が懲戒するかどうかや処分の重さを判断する-という流れ。

    綱紀委から懲戒委に審査が付される割合は5%前後で、そのうち懲戒委の審査で実際に懲戒処分が下るのは6割前後とされる。

    アディーレは「過払い金返還請求の着手金を今から1カ月間、無料にする」などと期間限定キャンペーンのように宣伝しながら、実際は計5年近く継続的に実施。
    消費者庁は昨年2月、こうした宣伝手法は情報の受け手に有利さを錯覚させる景品表示法違反(有利誤認)に当たるとして、同様の宣伝をしないようアディーレに措置命令を出した。※続く

    配信 2017.4.3 04:00更新

    産経ニュース 続きはニュースサイトを読む
    http://www.sankei.com/affairs/news/170403/afr1704030004-n1.html

    【【社会】「今だけ無料」処分-アディーレ法律事務所、代表弁護士ら「懲戒審査相当」景品表示法違反で】の続きを読む

    1: 経理の智子 ★ 転載ダメ©2ch.net 2017/04/03(月) 10:40:05.86 ID:CAP_USER9
    中核事業として位置付けていた海外原子力と半導体フラッシュメモリーの2事業を切り離す東芝は、今後社会インフラを軸とした「新生東芝」として再建を進める。

    エレベーターや空調など「社会インフラ」、火力・水力・国内原子力など「エネルギー」、車載向け半導体など「電子デバイス」、情報システムの「ICTソリューション」という4分野で、16年度に5.5兆円だった連結売上高は、17年度に3.8兆円にまで縮小する見通しだ。

    ただ、半導体メモリーを売却して債務超過を穴埋めしても、資本不足には変わりない。このため「今後も聖域なき資産売却を検討していく」(綱川社長)方針。

    大きな売り物はもうない・・・売却資産候補リスト
    img_bec031b710b1ae427d1085b904c31a1b244583


    上表で示したようにすでにスマートメーター子会社ランディス・ギアの売却準備に入った。また、上場子会社の売却も進む見通しだ。保有上場株の中では、フラッシュメモリーの部品調達元の群聯電子(ファイソン・エレクトロニクス)は、保有を継続する意義に乏しく、有力な売却候補になりそうだ。だが、これら売却が一巡すれば、残りはほとんどが数十億円規模の資産で、めぼしい候補はなくなる。

    自己資本の積み上げには、社会インフラを中心とした事業構造で着実に利益を計上することが必須。だが、WH切り離しを前に急ごしらえで作り上げた新生東芝の計画が再び頓挫すれば、一段の資産売却を銀行から迫られることになり、非上場子会社の東芝エレベータ、東芝キャリア、東芝ライテック、東芝ソリューションといった中核資産も売却対象になり得る。海外原子力と、半導体の切り離しに続き、「解体」が加速する東芝には、長い隘路が待ち受ける。

    http://diamond.jp/articles/-/123360?page=2

    【【経済】東芝、赤字1兆円で半導体を売ったら後に何が残るのか 大きな売り物はもうない・・・】の続きを読む

    6d0dce55-8c4d-4bd4-9902-1ce5735acbea


    1: 記憶たどり。 ★ 2017/03/31(金) 11:39:55.33 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170330-00000002-jct-soci

    破産手続き開始決定を受けた格安旅行会社「てるみくらぶ」の内定者受け入れを
    発表したJSS(東京都台東区)の倭文浩樹(しとり・ひろき)社長が
    「営業マンに昼休みなどない」とツイートし、物議を醸している。

    投稿のタイミングも絶妙だったため、にわかに炎上。J-CASTニュースは今回、
    倭文社長にツイートの「真意」を聞いた。

    ■「警備の仕事は休みが重要」

    そのツイートは、「てるみくらぶ」の内定者受け入れを発表したツイートの
    1つ前に投稿された。2017年3月28日朝のことだ。

    「営業マンに昼休みなどあろうはずがない。昼飯時間があるだけだ。
    せいぜい十分前後で良い。あとは午後の戦いへの準備時間だ」

    営業マンの心得を書いた文章で、かなり厳しめのトーン。あまりに絶妙の
    タイミングだったためか、これが内定者受け入れの発表後に注目され、
    「ブラック企業」
    「営業ってこんな怖くない」
    「こりゃひどい」
    と批判を浴びた。

    一体、何のためにツイートしたのか、30日に倭文社長に直撃した。
    記者が「批判されているが」と差し向けると、
    「特に意図はありませんよ」
    と笑って答える。とはいえ、ツイートのタイミングの絶妙さについては、
    知人に「狙っているの?」「求人を出す日にこれはない」と指摘されたらしい。

    倭文社長によると、この文章は『日々名言名話在り』という経営者向きの書籍に
    掲載されているという。この書籍から毎日1つずつ、順に文章を抜き出して、
    ツイートしている。

    「毎日順番に出しているので、この日も投稿しました。求人を出した後に(ツイートを)
    消して『何か意図がある』と思われても嫌なので、そのままにしています。
    ネタにしてもらえるなら幸いです」

    ちなみに、JSSに「営業マン」はいないそう。倭文社長は取材の最後、
    「営業マンはいないので、ツイートのようなことは言いません。むしろ
    警備の仕事は休みが重要。しっかり休んでもらうようにしています」
    と断言した。


    https://twitter.com/shitorihiriki11/status/846719123597930496
    てるみくらぶに内定されてた新卒の方は無試験で株式会社JSSで
    採用させていただきます。
    ※法令で定める欠格事由に該当する方を除きます。
    #拡散希望#新卒採用
    22:42 - 2017年3月28日

    https://twitter.com/shitorihiriki11/status/846503400992747520
    ◆日々名言名話在り◆ 3/28
    営業マンに昼休みなどあろうはずがない。昼飯時間があるだけだ。
    せいぜい十分前後で良い。あとは午後の戦いへの準備時間だ。
    8:25 - 2017年3月28日

    【【Twitter】てるみくらぶ内定者の受け入れを発表したJSS社長、直前に「営業マンに昼休みなどない」とツイート。ネット民慄える】の続きを読む

    6d0dce55-8c4d-4bd4-9902-1ce5735acbea


    1: マカダミア ★ 2017/03/31(金) 13:31:43.65 ID:CAP_USER9
     雇用が一段と改善している。総務省が31日発表した2月の完全失業率(季節調整値)は2.8%と前月に比べ0.2ポイント低下した。1994年6月の2.8%以来22年8カ月ぶりの低水準。同日発表の有効求人倍率は1.43倍(季節調整値)と前月と同じだが、四半世紀ぶりの高さだ。運輸、製造業など幅広い業種で人手不足が続いている。


     失業者が減り、就業者が増えたことが指標の改善につながった。失業者(原数値)は188万人と前年同月に比べ25万人減った。自営業を含めた就業者は6427万人。働き始める女性や高齢者が増え、51万人増えた。

     雇用者のうち正社員は51万人増加した。非正規社員は15カ月ぶりに減少に転じ、10万人減った。企業は人材確保のため、待遇の良い正社員の採用を増やしている。

     人手不足は深刻だ。厚生労働省発表の有効求人倍率は1.43倍だった。新規求人数(原数値)をみると、製造業(前年同月比10.7%増)や運輸・郵便業(5.6%増)などで増加が目立った。


     生産活動も世界経済の回復を受けて活発になっている。経済産業省が同日発表した2月の鉱工業生産指数(2010年=100、季節調整済み)速報値は前月比2.0%上昇の102.2だった。上昇は2カ月ぶり。自動車産業が春先に投入する新車を増産したほか、機械や化粧品関連も全体を押し上げた。同省は基調判断は前月と同じ「持ち直しの動き」とした。

     全15業種のうち9業種で前月水準を上回った。普通乗用車やエンジンなど輸送機械が全体をけん引、4.7%上昇した。はん用・生産用・業務用機械は前月水準を4.9%上回った。一方、メモリーや液晶部品など電子部品・デバイスは1.6%低下し、5カ月ぶりに前月を下回った。

     メーカーの先行き予測をまとめた製造工業生産予測調査によると、3月は2.0%低下するものの、4月は8.3%の大幅上昇を見込んでいる。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS31H0V_R30C17A3MM0000/?dg=1&nf=1 2017/3/31 11:41

    【【雇用】正社員51万人増加 非正規社員は15カ月ぶりに減少に転じ、10万人減 -2月】の続きを読む

    このページのトップヘ