金融速報 | 金融系2chまとめ

2ちゃんねるの金融系スレをまとめてく、お金のこと総合まとめブログです。

    カテゴリ: 政治・経済

    景気回復と言われているが、生活が苦しくなるのはなぜか?
    海江田三郎 ★ 2015/10/27(火) 21:08:50.06 ID:???.net
    http://dot.asahi.com/dot/2015102600016.html

    2015年もあと2カ月と少し。安倍政権はアベノミクスの成果をうたっているが、
    大半の人は景気回復を実感していないのではないだとうか。日本のみならず世界規模で近未来の経済動向を
    予測した『中原圭介の経済はこう動く(2016年版)』の著者であるエコノミストの中原圭介氏は、そのカラクリを次のように解説している。

    * * *
    私もいろいろなメディアを通して「アベノミクスの恩恵を受けているのは、全体の約2割の人々に過ぎない」と訴えてきましたが、
    大手新聞各社の世論調査でもおおむねそれに近い結果が出ているようです。
    なぜ2割なのかというと、大ざっぱに言って、富裕層と大企業に勤める人々の割合は2割くらいになるからです。
    要するに、残り8割の人々は現政権の経済政策の蚊帳の外に置かれてしまっているわけです。
    国民の生活水準を考える時に、重要なのは「名目賃金」ではなく「実質賃金」です。このことを否定する方は、
    この記事を読んでいるみなさんの中にはおそらくいないでしょう。
    日本経済を見渡してみると、2013年のGDPは2.1%増、2014年は0.9%減と二歩進んで一歩下がるような推移をしているものの、
    実質賃金の低下はその悪循環からまだ抜け出すことができていません。2012年に99.2だった実質賃金指数(2010年=100)は、
    現政権誕生後の円安インフレや消費増税によって、2013年には98.3、2014年には95.5と下落を続け、
    2015年になっても悪化が止まっていないのです。
    2015年は原油安という追い風が吹いているにもかかわらず、むしろ実質賃金が年初と比べて下がっているというのは、
    アベノミクスの大規模な金融緩和に伴う円安によるものです。
    確かに、実質賃金は2015年7月に2年3カ月ぶりに前年同月比で0.5%増加し、10月22日の報道では8月も0.1%増と
    2カ月連続のプラスとなりました。そこで政府は、実質賃金の「前年同月比の上昇率」を強調しながら、
    アベノミクスの効果をクローズアップしてくることになるでしょう。

     しかし、これからの実質賃金を見るうえで留意しなければならないのは、「前年同月比の増減率」ではなく、
    アベノミクスが始まった「2013年以降の推移そのもの」であるということです。今後の実質賃金の水準が2012年の水準にまで
    戻っていくかどうかに、私たちは注意を払わなければならないのです。
    指数の推移そのものを冷静に見ていかなければ、政府の大本営発表にまんまとだまされてしまいかねないのです。
    なぜなら、2015年後半から2016年にかけては、円安インフレのマイナス効果が剥げ落ちていくので、
    単月では前年同月比でプラスになる月も出てくるようになるからです。2013年~2014年の2年間における
    実質賃金の下落率は、リーマン・ショック期に匹敵するというのに、どうして景気が良くなっているといえるのでしょうか。

    さらにつけ加えると、実質賃金を算出する際に必要なデータである名目賃金の調査では、
    従業員5人未満の事業所は調査の対象となっていません。わかりやすく言うと、格差拡大の影響が最も
    色濃く出るはずの零細企業の実態が、賃金の調査には反映されていないのです。
    その意味では、実質賃金にしても名目賃金にしても、数字が示しているよりも実態は悪いと考えるのが自然ではないでしょうか。
    それを証明するかのように、最新の厚生労働省の国民生活基礎調査では、
    生活が「大変苦しい」が29.7%、「やや苦しい」が32.7%にも達し、両方の合計である「苦しい」が62.4%と過去最高を更新してきています。
    これが、現政権が行ってきた経済政策の結果であり、国民生活の実態であると、私たちはしっかりと認識しておく必要があるでしょう。

    【景気回復と言われているが、生活が苦しくなるのはなぜか?】の続きを読む

    消費者物価指数マイナスのウソ 「生鮮食品」急騰が家計を直撃
    海江田三郎 ★ 2015/10/12(月) 08:30:48.96 ID:???.net
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/165858

     日銀の黒田東彦総裁は、「2%の物価上昇」を達成するまで、金融政策の手を緩める気はない。
    「2%」のターゲットは、コア消費者物価指数(コアCPI=生鮮食品を除く指数)で、8月は0.1%のマイナスだった。
    黒田総裁は「(コアCPIが)水面下に沈んでいるのは、エネルギー価格の下落によるもの」と言い、今後、原油価格が反転すれば、物価上昇は間違いないと主張している。

     だが、庶民感覚ではすでに物価はかなり上昇している。

    「コアCPIは生活実感とかけ離れています。生鮮品は、気候の影響を受けやすく、価格の変動も激しい。
    政府や日銀が数値目標から除外するのは分かりますが、この数カ月間は、毎日の食卓に上る野菜や肉、魚は凄まじい値上がりです。ここを無視してはダメでしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

    ■ビーフカレーを作れば出費は2割増
    6~8月の生鮮食品は7%を超える物価上昇だった。品目別(8月)では、キャベツが前年同月比で29.2%増、レタスは21.6%増、えだまめも24.2%増だ。
     家庭の定番、カレーライスを作るのに必要なじゃがいも(33.5%増)、にんじん(16.2%増)、たまねぎ(22.3%増)、
    牛肉(8.5%増)は軒並み値上がりで、カレールーも18.5%アップした。単純計算すると、ビーフカレーの食材費は昨年より20%高くなった。
     ランチにスパゲティ(10.6%増)をゆでて、市販のパスタソース(11.8%増)をかけると、昨夏より10%以上も出費がかさむ。
    デザートのメロン(9.1%増)、もも(13.1%増)も上昇だ。

    「生鮮品の値上がりは、アベノミクスが進めた円安と無縁ではありません。野菜は天候不順で輸入品が増えた。
    昨夏より円安は進行しているので、小売価格も上昇です。輸入農薬の値上がりも響いています」(市場関係者)

    昨年8月のドル円相場は1ドル=102円前後。現在の120円水準より、20円近くも円安は進行したのだ。
    「日銀の追加金融緩和を期待する声が出ていますが、これ以上の円安は庶民生活を直撃します。円安に直結する“黒田バズーカ3”は封印すべきでしょう」(倉多慎之助氏)

     サラリーマン生活はコアCPIより、生鮮食品の値段のほうがずっと大事だ。

    【消費者物価指数マイナスのウソ 「生鮮食品」急騰が家計を直撃】の続きを読む

    このページのトップヘ